日記・コラム・つぶやき

今日の読書談義、水見稜さんの「マインド・イーター」など!

古書店「水曜文庫」さんで、だいたい月イチで、自分ともうお一方が主体で開かせてもらってる読書会、読書談義ですが、今回は自分は 水見稜「マインド・イーター(完全版)」(創元SF文庫) を取り上げたいと思います。 もともと*翻訳小説...
日記・コラム・つぶやき

「ヘッド博士の世界塔」はベルク・カッツェの最終兵器だ。

なるべく朝、ひとつツィートをするようにしてる。 月曜日は 「おはようございます。なぜか朝から大江千里を聞きながらゴミ出しをする。ワタシは自分を痛めつけようとしているのだろうか?(笑)」 火曜日は 「おはようございます。今朝は...
エイト新作10月

6月9日(日) エイトビート新作稽古、と、「リンゴォ・キッドの休日」

自分は静岡県演劇協会総会のあと、17時ぐらいから合流。遠い所へ行ってしまって戻ってきた奴もいたり、某名古屋からトンボ帰りで戻ってきてまた戻っていった奴もいたり(すまぬ)。 ラバン法の解説も。自分のクセを確認するにはいいかも。すっかり忘れて...
演劇

【メモ】拓郎さんのワークショップ

落語「あたまやま」の冒頭を使い、8分~10分ほどの作品を創るというもの。拓郎さんも言っていたが難易度は高いと思う。参加者たちは頑張っていた。発表を見ただけなのだが、自分たちだけで多くのアイデアをカタチにしていた。自由にアイデアをしぼ...
エイト新作10月

【メモ】5月25日(土)エイトビート新作始動

5月25日(土)エイトビート新作始動。本日は焼津へ見学。夕方からみなは劇団Z・A、あそviva劇場へ。岡は静芸さん、文化会館。 そのあとミーティングに出る。いいミーティングだった。
FAV

劇団静芸公演 井上ひさし作「マンザナ、わが町」(静岡市民文化会館中ホール)……彼女たちはそのあとどうなったのだろう。

役者さんが素直な演技をされていた。それにより、井上作品の凄みが素直に伝わってきたと思う。時代感にこだわった美術だった。市民文化会館中ホールの舞台面はなにせけっこう広いのだけど、しっかりと埋まっていた。あれだけの物量を用意するのは大変...
日記・コラム・つぶやき

【メモ】津原泰水さんと幻冬舎、見城徹社長のやりとりの影響で、佐久間裕美子さんが

津原泰水さんと幻冬舎、見城徹社長のやりとりの影響で、佐久間裕美子さんが、幻冬舎のWeb媒体での連載を止めるとのこと。 みんなウェルカム@幻冬舎plusをおやすみすることにしました 正直、佐々木裕美子さんのことは、よく...
日記・コラム・つぶやき

小鹿の喫茶店、クレセントさんへ行く。実は10年ぶりぐらいだ。

小鹿の、旧薬大のすぐ前と言えばすぐ前。通りからちょっと引っ込んだところにある喫茶店、クレセントさん。久しぶりに行った。10年ぶりだろう。多分。 お店は少しも変わっていなかった。お店のご夫婦も覚えていてくださった。 まだ演劇やって...
FAV

【読書】「喧嘩(すてごろ)」黒川博行。今のところ頭の中では横山と佐々木。

ドラマ・映画にもなっている「疫病神」シリーズのうちの一冊。第6作とのこと。このシリーズは初めて。いきなり6作目から読んでしまった。とりあえず問題はない(おい)。それは最初から読んだ方がいいんだろうが、本文の中で何回かさりげなく説明が...
演劇

ストレンジシードでロロさんを見たのだった。

もう1週間も経ってしまったが、写真は、「BEAT IT」本番が終わった次の朝に見に行ったストレンジシード、東京の劇団、ロロ(ろろ、とそのまんまのかたちで読むんだそうな)さんの作品。市民文化会館の駐輪場前。 そのあとせっかく近くまで...
タイトルとURLをコピーしました