FAV

FAV

「小説家、自作を語る」(講座 本をつくること第6回)@水曜文庫 木村友祐さん来静。

水曜文庫さんでのイベント。今日は、作家の木村友祐さん来静。 この方の作品はこれまで読んできてなかった。 東北人の悔しさを、朝廷から蔑まれた古代蝦夷に重ねた「イサの氾濫」 原発事故で被曝した牧場に住む牛と、東京からボランティアに来た...
FAV

【読んだ本】「フィフティ・ピープル」チョン・セラン。わたしはこのなかにいる。

すごくいい小説だ。登場人物のみんなを好きになってしまいそうだ。表紙や目次に、いろんな顔のイラストがある。この人たちのところに行って、肩を叩きたいしできればちょっと肩を叩いてほしい。そんな気になってしまう小説だ。 韓国の、とある大学...
FAV

あらためてサン=テグジュペリと宮崎駿について

やっぱり、「カリオストロの城」と「未来少年コナン」の思い出は強いんだと思う。 このふたつの、エンターテインメントとしての”強さ”は尋常じゃない。 ”ページ・ターナー”という言葉がある。スティーブン・キングやジェフリー・ディーヴァ...
FAV

【読んだ本】アンソロジーしずおか 純文学編 ”濃い昭和”と誰かが言った。

静岡新聞社から出版されている。静岡が舞台となった作品、のアンソロジー……なのか? 静岡新聞社は小さくない会社だろうが、「書籍」を「出版」するのは本業ではないはずだ。しかも小説のアンソロジーだ。“わたしたちもちょっとは小説のことを考...
FAV

【メモ】ノーボーダーのコント、自分のステイタスのいぢり方について(笑)

週末に、静岡県演劇協会で開く演技のワークショップがあり、今回は自分が担当なのでせっせと準備をしています。演技の考え方「ステイタス」を取り入れたワークショップになるはずです。このステイタスという考え方がなかなか面白く、先日ノーボーダー...
FAV

読書談義サン=テグジュペリ「夜間飛行」「人間の土地」そのために宮崎駿風立ちぬを見たよ

読書談義でした! 手短にまとめると、宮崎駿が、新潮文庫版のサン=テグジュペリ「人間の土地」に収録の短文に書いた、自らの創作についての矛盾。 それから、サン=テグジュペリ自身の「書いてる文章とやってることがけっこう矛盾してるように...
FAV

【読んだ本】「うたかたダイアログ」3巻 稲井カオル。……そうだよ、まさに“楽しかった日々のおわり”、だ。

「うたかたダイアログ」3巻。今回でおしまいだそうな。 おどろいたおどろいたおどろいたおどろいた。 この濁点なしで続けたところで私の驚きを察していただきたい。ついでにこの驚きを忖度してもうちょっと続けていただきたかった。白泉社の前...
FAV

【メモ】フランスのアングレームといえば名前を覚えてるぐらい有名な漫画祭があるが高橋留美子さんがグランプリを取ったらしい。めでたい。

高橋留美子さん仏でグランプリに アングレーム漫画祭 フランスのアングレームといえば名前を覚えてるぐらい有名な漫画祭があるが高橋留美子さんがグランプリを取ったらしい。めでたい。 記事中のコメント ”漫画祭の主催者は高橋さ...
FAV

【メモ】「くらげホテル」尾崎英子。ただよえども、ただよえども沈まず

北欧には「くらげホテル」という名の秘密施設がありそこでは夜な夜な首から上は人間、その下はくらげというおそろしい人体実験が行われていた……というお話ではない。決して。 この本の書評を、Webのどこかで見かけ、あらすじと表紙が気になり...
FAV

「ハロー・ワールド」 藤井太洋は21世紀の笹本祐一だ、ただ間違ってもミニスカ宇宙海賊は書かないだろう。 #読書

ハロー・ワールド 藤井太洋 本業でないところで知人と作ったスマホのアプリが、インドネシアで急に売れ始めた。なぜだ…?というところから話が始まる。これが「学校の裏ネット」や「夢の中のダンジョン」とかではないところがミソで、私たちが普...