FAV

FAV

ホヤの写真で、素材サイトの写真ACやら、別件でIFTTTやら。

昨日ブログで「ホヤ」が出てきたラジオのことを書いた。そのためにホヤの画像、フリーのものを探した。画像サイトでよく使っているpixabayには、それらしき物がなかった。 ”写真AC”というサイトにはあった。はじめて行った。 使った...
FAV

ホヤは自分の脳ミソを……(え?)

今朝方ラジオで「ホヤ」の特集を聞いた。車中で聞いた。 リスナーの方もメールされていたが、静岡ではホヤのことはあまり聞かない。居酒屋さんでもあんまり聞いたことがない。無いでしょ?あります? 貝だと思っていたが貝じゃないらしい。写真...
FAV

二兎社公演「私たちは何も知らない」穂の国とよはし芸術劇場プラット

作家、平塚らいてうが明治44年に創刊した文芸誌「青鞜」の中での人間模様が、舞台上に描かれていた。伊藤野枝も中心的な登場人物として登場する。約2時間40分?うち、休憩15分。 芝居の最初、平塚らいてうのことを「お嬢さん」と評する台詞...
FAV

12月21日(土)、ふじのくに芸術祭、演劇コンクール審査会

12月21日(土)、昨日は県庁の会議室で、演劇コンクールの審査会。 先週いっぱいでせっせと、審査員のみなさんの、劇評の取りまとめ。 昨日の作業としては……司会?(笑)。劇評のひとつを取り違えていたらしい。クラウドやメールはありが...
FAV

「映像研には手を出すな!」4巻。   先へ。わたしたちが行けない先へ。

なんか、凄いところに踏み込んだなという印象。 映像研の人達が交わす、「作品」に着いての議論。 ストーリー論だけだったら、いろいろなところで語られている。それだけではなく。 お客に、読者に、どうすれば受け入れられるか。そのために...
FAV

【読んだ本】「一四一七年、その一冊がすべてを変えた」スティーヴン・グリーンブラット 世界はバラバラになってあとにはなにも残らない。

1417年、その一冊がすべてを変えた。 哲学者、エピクロスについて知りたかった。が、分かりやすそうな本がない。 さがしていると、この本に当たった。この本は、古代ギリシャの哲学者エピクロスの考えを、ローマ人ルクレティウスが解説した...
FAV

炊飯器で、釜を入れずに炊飯をした。大失態だ。

炊飯器で、釜を入れずに炊飯をした。大失態だ。 どういうことか?動揺のあまり言葉が足りなかった。説明する。まず、当たり前に米を炊こうと思った。当たり前に炊飯器から内釜を取り出した。当たり前に内釜に米を入れ、研いだ。そこで当たり前に一...
FAV

11月17日(日)、劇団からっかぜ「高き彼物」

一昨日、日曜日に、劇団からっかぜさんの公演「高き彼物」を見てきました。 浜松駅、せっかくだから”浜松餃子”を食べてやろうかと思ったのですが、お昼は大分過ぎた時間だったのですが店の前に行列、静岡に帰る時間にもお店の前に長い列が出来て...
FAV

【メモ】映画「新聞記者」……アレとアレとアレと。そしてアレは。

やっと見た。映画「新聞記者」。素直に面白かった。この題材で映画を作った製作者に敬意を表したい。 実際の事件を二つ、題材にしている。官邸が主導し、印象などを「操作」したとされる事件を二つ、並べた。あえて言えば、並べただけだ、とも...
FAV

【#読書】「都市」クリフォード・D・シマック。・・・あとに残されるのは犬。

1952年の作品。 今回はこれを読むつもりじゃなかった。 ブリッシュの「地球人よ、故郷に還れ」が読みたかった。 こちらも古い。子供の頃、早川のSF全集で読んだ。ハヤカワ文庫からも出ている。出ているが、この本も古い。図書館にもない。...
タイトルとURLをコピーしました