書籍・雑誌

日記・コラム・つぶやき

相良……相良!

鹿島茂の「ドーダの人、西郷隆盛」を読んでいる。面白い。 鹿島さんの考えでは、相楽総三という人間の死が、幕末と明治期の西郷隆盛の変化に大きく関わっているとのこと。相楽総三という名前、どこかで聞いたと思ったら、北方謙三がこの人を主人公...
書籍・雑誌

読書談義でした。河合祥一郎「シェイクスピア」

読書談義でした。河合祥一郎「シェイクスピア」 英国国教会が立ち上がった際、従来からあったカトリック教会とすんなり入れ替わったわけではなく、カトリックのままだった人達に対する迫害もあった、シェイクスピアの家族もそれに巻き込まれて...
FAV

ときどき安永航一郎が気になる(なぜだ?)。「県立地球防衛軍」は”完全復刻版”が出てた。そして「**ハンター」は。

ゆうきまさみについて少し考えたら、安永航一郎のことが気になった。 「県立地球防衛軍」は”完全復刻版”が出たらしい(買わんけど)。 Amazonレビューだと「何かが足りない」”完全復刻版”らしい(買わんけど)。 なんか、書き下ろ...
FAV

【#読書】ブコウスキー「町でいちばんの美女」

アメリカの作家。故人。パンク?その時代の人じゃないけど、先駆者かも知れない。 初めて読んだ。壊れ方が見たい。 短編集。 いちばん最初に、表題作、「町でいちばんの~」がある。悲しい。いちどはい「下がった」ら逃れられない。 他の...
FAV

ドラマ「ハムラアキラ」……面白かった。借りてきたハードボイルドじゃない。

NHKドラマ、ハムラアキラ。面白かった。意外と面白かった。 事前の映像など見ると、ハードボイルドを意識していた。それがどうかと思った。いま成立するハードボイルドは、ハードボイルドのパロディなんじゃないか。ハードボイルドをやろうとし...
書籍・雑誌

【読んだ本】「虎の城」火坂雅志。…豊臣秀長が読みたかった。

戦国時代の武将、藤堂高虎を描いた長編小説。上下2巻。 藤堂高虎を主題とした小説は少ない。それとこの本では、藤堂高虎が使えた豊臣秀長の描写も多いという。豊臣秀長が読みたかった。それで読んでみた。 火坂雅志さんを読むのは初めて。大河...
FAV

「映像研には手を出すな!」4巻。   先へ。わたしたちが行けない先へ。

なんか、凄いところに踏み込んだなという印象。 映像研の人達が交わす、「作品」に着いての議論。 ストーリー論だけだったら、いろいろなところで語られている。それだけではなく。 お客に、読者に、どうすれば受け入れられるか。そのために...
FAV

【読んだ本】「一四一七年、その一冊がすべてを変えた」スティーヴン・グリーンブラット 世界はバラバラになってあとにはなにも残らない。

1417年、その一冊がすべてを変えた。 哲学者、エピクロスについて知りたかった。が、分かりやすそうな本がない。 さがしていると、この本に当たった。この本は、古代ギリシャの哲学者エピクロスの考えを、ローマ人ルクレティウスが解説した...
書籍・雑誌

読書談義でした!ロンドン土産話、ジェニー・シーレイさんのワークショップ、デバイジングのことなど(は、書けなかった(笑))

本番直後で、今回は本の話でなく、イギリスに行った土産話、受けたジェニー・シーレイさんのワークショップについて話しました。 写真は、大英博物館で買ってきた「マンガ展」の紹介本。厚い。高い(笑)。結局、買ってからいままで読む時間がなか...
日記・コラム・つぶやき

読書談義でした。

棚から一掴み……。 今回イギリス行きの前に自分がバタバタしてまして、ネタで使うつもりだったコニー・ウィリス「リメイク」も読めず、山下達郎が「サンデー・ソングブック」で言うところの”棚から一掴み”状態で玄関先の本棚から引っ掴んで持っ...
タイトルとURLをコピーしました