書籍・雑誌

FAV

【#読書】「MASTERキートン Re マスター」浦沢直樹 長崎尚志。……言葉より絵が強い。

本棚。ちょっと整理したら出てきた。 面白い。元々の連載が1988年から1994年。この続編の掲載が2012年から2014年。キートンの娘は結婚している。作中でキートンがときどきかける眼鏡は老眼鏡だろうか? 彼の学説はいまだに学会...
FAV

「動物のお医者さん」が。

今日、Twitterで「動物のお医者さん」がキーワードとして飛び交ったそうな。5月4日まで、スマホのアプリで無料配信を始めたらしい。普段使ってるアプリだった。読んでみた。やはり面白い。 佐々木倫子さんも、近年でまた2作品がドラマ化...
書籍・雑誌

【#読書】「衣裳術」北村道子  ……かっこいいとはこういうことだ。

水曜文庫さんから紹介を戴き、Facebookの方で7日間ブックカバーチャレンジというのをやっている。 その中で、この本を紹介した。 ************ 7日間ブックカバーチャレンジ 3日目。 北村道子 「衣裳術」 ...
書籍・雑誌

【#読書】(#戯曲)「月の教室」宮沢章夫

宮沢章夫さんといえば、一年ほど前まで、NHKのラジオ番組「すっぴん」の月曜日パーソナリティをされていた。ときどき聞いていたが楽しい番組だった。 近頃難しいこともあったようだが、自分の頭の中ではラジオの中の楽しげな印象が強い。 作...
FAV

【#読書】(ノンフィクション)「復興するハイチ 震災から、そして貧困から 医師たちの闘いの記録2010-11」 ポール・ファーマー 著 岩田健太郎 訳

医師、岩田健太郎さんが、どこかでこの本のことを勧めておられた(と思う)。なので読んでみた。著者はアメリカ人医師。 以下、本書の紹介文より引用。 * 「2010年1月12日午後4時53分、ハイチの首都ポルトープランス近郊...
FAV

【#読書】(小説)「ピエタとトランジ」藤野可織 ……死ぬことは死ぬことでしかない。

面白かった。 確か、高千穂遙「ダーティ・ペアの大冒険」の解説で、野田昌宏か栗本薫が書いていたと思うのだけど、高千穂遙は小説を少し読み進めてそこまでで人が死んでないと「誰も死なない、つまらない」と怒り出すのだという。 それでいけば...
FAV

【#読書】#戯曲 平田オリザ「火宅か修羅か・暗愚小伝」  #演劇

最近、平田オリザさんがTwitterを始めた。コロナウィルスについて野田秀樹さんが付けたぼうぼうの火を、キレイに付け替えていた。頭のいい人は違う。 戯曲 「火宅か修羅か」 檀一雄の小説「火宅の人」に着想を得て書かれた家族のも...
FAV

【#読書】「お砂糖とスパイスと爆発的な何かー不真面目な批評家によるフェミニスト批評入門」北村紗衣 ……フィクションはいろんな「目」から見られている」

タイトルと表紙に捕まえられた。ジャケ買いだ。当たりだった。問題はこちらが「ジャケ買い」などと言いつつ買ってないこと。図書館です。許して……。 映画、演劇、小説の評論集として面白く読んだ。作られた世界を分解、解説してもらう快感。パズ...
日記・コラム・つぶやき

らんま1/2、たぶんセカイ系の仏そして手のひら。

反省。「らんま1/2」。全巻無料公開だったのでそこそこ長い時間を使ってしまった。反省。反省。しかし一話完結の手法での高橋留美子先生のキレはハンパなものではない。無茶苦茶を承知で言うけど、セカイ系に通底している絶望は、学校に入学しても...
日記・コラム・つぶやき

相良……相良!

鹿島茂の「ドーダの人、西郷隆盛」を読んでいる。面白い。 鹿島さんの考えでは、相楽総三という人間の死が、幕末と明治期の西郷隆盛の変化に大きく関わっているとのこと。相楽総三という名前、どこかで聞いたと思ったら、北方謙三がこの人を主人公...
タイトルとURLをコピーしました