【#読書】「現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変 1」二日市とふろう…2020年ベストか?

「現代社会で乙女ゲームの悪役令嬢をするのはちょっと大変」 1 二日市とふろう
ラノベです(笑)。転生ものです(笑)。大笑いです。
……「現代社会で乙女ゲーム~」は、目が覚めたらゲームの中の悪役令嬢に転生していたというテンプレで始まるのですが、目覚めた先は魔法ファンタジーの世界ではなく、現代日本に似たパラレルワールドです。そして目覚めた時期がバブル直前です。主人公の目的は、バブル後の知識を基に、バブルでボロボロになった日本経済を立て直すことだったりします。この辺が大笑いです。つまり本書は、ライトノベルのテンプレを使ったバブル経済の検証・そして私たちが都合良く忘れ始めた、バブル経済への挑戦だと思います。なかなか楽しい一冊でした。

タイトルとURLをコピーしました