東野圭吾の、スノボについての胸アツな記事。それと(ずいぶん前だが)抱腹絶倒のスノボ挑戦エッセイ「ちゃれんじ」

東野圭吾、僕が自腹でスノボ大会を開く理由ー一生懸命にやっている人の励みになりたい
https://toyokeizai.net/articles/-/274509

胸アツな記事。
「今の自分が存在する理由の8割方は、スノーボードがもたらしてくれたものだとすら思っています。」という言葉も驚き。

以下は、東野圭吾がスノボを始めた頃に書いたエッセイ集。
抱腹絶倒。ぜひ読んで。なんとなく肌が合わなくてこの人の小説はほとんど読んでない。そんな自分が読んで大笑いしたのだから間違いなく楽しい。スノボにのめり込んでいく様と、巻き込まれたり出し抜いたりの周りのみなさんの赤裸々さが楽しい。この人のエッセイは面白い。もっと書いて欲しいが”書かない宣言”をしておられる。その意味でも貴重な一冊。

ちゃれんじ? (角川文庫) | 東野 圭吾 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで東野 圭吾のちゃれんじ? (角川文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。東野 圭吾作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またちゃれんじ? (角川文庫)もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

 

 

タイトルとURLをコピーしました