【読んだ本】「うたかたダイアログ」3巻 稲井カオル。……そうだよ、まさに“楽しかった日々のおわり”、だ。

うたかたダイアログ 3 (花とゆめコミックス)

「うたかたダイアログ」3巻。今回でおしまいだそうな。
おどろいたおどろいたおどろいたおどろいた。
この濁点なしで続けたところで私の驚きを察していただきたい。ついでにこの驚きを忖度してもうちょっと続けていただきたかった。白泉社の前で抗議の声を上げてもいい(しないけど)。
人気が無かったというわけではないはずだ。「カップルになりたい」片野くんと「空気をまったく読まない」宇多川さんの、小粋でポップでラグジュアリーな会話をもっと見たかった。そう。これほど会話が”立って”いたフィクションはこのところなかった。小粋でポップでラグ(以下略)である。ただ、小粋でポップでラグ(以下略)な芸風だけあり、最後まで過不足のないスッキリした終わり方だった。でももうちょっと読みたかったな。