このあと午後10時25分からNHK,Eテレ、100分de名著「風と共に去りぬ」第2回

翻訳家の鴻巣友季子さんが、「風と共に去りぬ」を解題する。
先日の第1回が面白かった。印象に残ったところ。
*主人公は「必ずしも美しい女性ではない」
*作者は、自著のキャラクターを”類型的”だと言っている(記憶)
*この作品は、ピカレスク・ロマンだという鴻巣友季子さんの指摘。
この後の第2回が楽しみだ。