仕込の初日にけもなれで悶絶

そう言えば先週水曜日、仕込の初日、日付が変わった頃に家にたどり着いて、何の気なしにテレビをつけたら、日本シリーズで時間が延びたのか「けもなれ」の例の新垣・松田のベッドのうえのシーンを放送していて、ワタクシはひとりで悶絶したのであった。

このドラマ、作り手の皆様は「攻めて」おられるようで、だからか、視聴率は高くはないらしい。そりゃそうだ。俺だってどちらかと言えば「甘い」ガッキーが見たい。小声で言うが掟上今日子の続編が見たい。

「プチ社会派」ドラマを作る、スタッフの皆様には頭が下がる。しかしこの場合、「面白さ」をどこに担保すれば良かったのだろう?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする