鶴田謙二先生の「冒険エレキテ島」が一巻まるまる無料で読めた(気がする)がもう読めない。

別にあやしいことをしたわけじゃない。

講談社が、本が売れないことに危機感を抱いて新しくコミックのサイトを立ち上げたそうな。
コミックDays

https://comic-days.com/

講談社がサイトを立ち上げた経緯はこちらの記事。

講談社のマンガ6誌読み放題アプリは、出版界の危機感から生まれた 「船が沈もうとしているのに…」

先日の記事でも書いたけど、キャプテン・フューチャーのイラストを手がけたことでも有名な(ウソ)、静岡県出身の鶴田謙二先生の作品も掲載されていた。
「冒険エレキテ島」

冒険エレキテ島(1) (アフタヌーンコミックス)
で、サイトが出来たすぐの日か?スマホから行って、読んでみたのだが……タダで、無料で、一巻まるまるほど読めてしまった。しっかりと”一巻”を確認したわけではないのだが、確かページ左下に「冒険エレキテ島」一巻了、だったかなにか、おなじみの文言が書いてあった。それは覚えてる。
しかし!しかし味を占めてさっき再度行ってみたが、もう読めない(笑)。一話無料、ということでいまでもそれなりの分量は読めるのだが、自分が読み終わったところよりだいぶ手前だ。あのあと主人公さんはあーんな人に会ったりあんなところに行ったりした、はずだ。なにかの手違いで読めたのかしら。

そんなことが言いたいんじゃない。
本題は「読んだら面白かった」ということだ。
鶴田謙二さんって、絵は素晴らしいんだけど、お話はなんか「のぺーっと」している、正直に言うとそういう印象だった。けど、この作品は、主人公の悔しさとか思い詰め方がセリフでなく絵から伝わってきて、なんか、いい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする