水曜文庫さんの店先、桜庭一樹が手に汗握る金額で置いてあったのでフルスピードでゲットした件

「赤朽葉家の伝説」単行本。
店頭のワゴンで、百円。
それは、買うわ(笑)。

ほかにも京極などエンタメ系の本が多数、店頭のワゴンで、百円。
もう一回あらためて探しに行こうかなといった感じの品揃え。
思わず店主様に「(この値段で)いいんですか?」と聞いてしまった。お答えは「年末だから」そうですか……。

桜庭一樹、「GOSICK」の単行本版、赤とか緑とか。赤だったかな、読んで、面白かったけどあまりピンとこなかった。「青少年のための読書クラブ」これは面白かった。「赤朽葉家の伝説」すぐには読めないだろうが楽しみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする