らせん劇場さん、本番見せていただきました。「avec PAPA」(父と暮せば、より)

よい公演でした!らせん劇場さんでウルッとさせられるとは思わなんだ(笑)。これは、いろんな人に見て欲しい。が、劇場が小ぶりなのでそうも行かない(笑)とのこと。作り手、劇団さんの底力と、やはりもともとの井上ひさしさんの戯曲の力。戦争の恐ろしさ、ヒトの心に与える傷、死ななかったとしてもそう簡単に平和にはなれない。繰り返しですが戦争の恐ろしさを考えさせられます。そしてそれを抵抗なく見させる戯曲、演出の力。これはできればいろんな人に見て欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする