今週の読書メーターランキング、気になる本

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)

書籍部門、5位

知ってはいけない 隠された日本支配の構造 (講談社現代新書)
矢部 宏治
内容紹介
「日本には、国民はもちろん、首相や官僚でさえもよくわかっていない「ウラの掟」が存在し、社会全体の構造を歪めている。そうした「ウラの掟」のほとんどは、アメリカ政府そのものと日本とのあいだではなく、じつは米軍と日本のエリート官僚とのあいだで直接結ばれた、占領期以来の軍事上の密約を起源としている。最高裁・検察・外務省の「裏マニュアル」を参照しながら、日米合同委員会の実態に迫り、日本の権力構造を徹底解明する。」
エスピオナージなどそれなりに読むから、日本が米軍に首根っこを押さえられていることは分かっているつもりだが、体系的に読んだことはなかった。読んでみたい。

あと、気になるのは
書籍部門4位 成毛眞「理系脳で考える AI時代に生き残る人の条件 (朝日新書)」
小説部門4位 白井 智之「人間の顔は食べづらい (角川文庫)」
後者は……「安全な食料の確保のため、“食用クローン人間”が育てられている日本。クローン施設で働く和志は、育てた人間の首を切り落として発送する業務に就いていた。」……設定としてすばらしいと思う!思うけど、読みづらい(笑)。ホラーが苦手な自分としては積極的に読みたいとは思わない。「王様のブランチ」で取り上げたら読もう。うん。ないか。

それと。
コミック部門2位 重野なおき「信長の忍び」12巻。これは読んだ。いいぞ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする