誕生日に小林信彦に触れる


今日、誕生日だった。昨日から小林信彦、フラナガン「ちはやふる奥の細道」を再読している。とにかく面白い。誕生日にこの本に触れることが出来て、面白さについて考えることが出来て良かった。
写真は、今日の戸田書店城北店での収穫。嵐山光三郎の、芭蕉についての本。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする