C3PO”中の人”の言葉が泣ける。

アンソニー・ダニエルズ。スター・ウォーズの金色のロボット、C3POを演じ続けている人。3月に来日。そのときのインタビュー
「自分を俳優といっていいのだろうかと考えることがある」繊細で正直な言葉が泣ける。何かに怖がっているのかもしれない。でもやっている。

記事:「スター・ウォーズ」C-3PO、アンソニー・ダニエルズ “中の人”としての葛藤と涙

読んだあと、ゴジラの”中の人”のことが気になった。

Wikipedia:中島春雄

こちらは、明るい(笑)。楽しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする