マンガ大賞2017の候補が出てきたそうですが……。

マンガ大賞2017の候補作品。
小林有吾と上野直彦による『アオアシ』
山本崇一朗の『からかい上手の高木さん』
岩本ナオの『金の国 水の国』
桑原太矩の『空挺ドラゴンズ』
堀尾省太の『ゴールデンゴールド』
九井諒子の『ダンジョン飯』
東村アキコの『東京タラレバ娘』
沙村広明の『波よ聞いてくれ』
押切蓮介の『ハイスコアガール』
柳本光晴の『響~小説家になる方法~』
藤本タツキの『ファイアパンチ』
白井カイウと出水ぽすかの『約束のネバーランド』
高野ひと深の『私の少年』
とのこと。
がっつり読んだのは、「東京タラレバ娘」「波よ聞いてくれ」「金の国、水の国」「ダンジョン飯」。ただ……”大賞”というとなにか違和感あり。個人的に、”大賞”というからには何か大作感がほしい。贅沢か?どれも面白かったけど「東京タラレバ娘」を除けばインパクトは少ないような気がする。「ダンジョン飯」はストーリーとしてはこれからなんじゃないか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする