メリル・ストリープ、ゴールデングローブ賞授与式のスピーチ

リンク先、日本語訳。

【緊急全訳】メリル・ストリープのゴールデン・グローブスピーチ

トランプ次期大統領が、障害を持ったジャーナリストを揶揄したことに対する批判があったと聞き、読んだ。
時事的な事柄だけでなく、演技をする人は読んでおいた方がいい言葉だと思った。
演技者は舞台上で、時として”権力”を持つ。彼は舞台上で、何をやってもいいのだから。演技者として自分も、岡も、確かにそう思う。何をやってもいいのだ。だからこそ、怖がるのではなく、自分が何をすべきか、考えなければならないのだと思う。

にしても。

そら、あれですよ。人をバカにしちゃいけないというのは、建前ですよ。人は自分より弱いものをバカにします。でも。建前だって大事ですよ。だから歯止めがきくんですから。
アメリカ大統領がそれをやったら。歯止めはどうなるんだろう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする