ドラマ「プリンセスメゾン」がなんかいい(NHK-BS)

2016-10-26_%e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%82%be%e3%83%b3%e3%83%89%e3%83%a9%e3%83%9e %e3%83%97%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%bb%e3%82%b9%e3%83%a1%e3%82%be%e3%83%b3

NHK-BS、夜11時15分からのドラマ、「プリンセスメゾン」を見ました。
なんだか。心震えました。
面白い……のかどうか。ものすごく面白いのかどうか。それがよく分かりません。人が見てどう思うのか分かりません。ただなにか、気になる。惹かれた。刺さるところがいくつもあった。そう感じました。
余白の多いドラマでした。登場人物たちの語っていない部分をすくい取る演出はよかったと思います。原作がそういう作品なのでしょうか?原作はコミック。池辺葵さん。作品のうち、映画にもなった「縫い裁つ人」、「サウダーデ」は何冊か読んでますが、この「プリンセスメゾン」は読んでなかった……。
原作の力が大きいのでしょうが、脚本もよかったように思います。高橋泉さん(男性)。あ~話題になった「凶悪」書いた人だ……。
30分なんだけど、映画を一本見たような気がしました。
毎週火曜日よる11時15分!BSプレミアム!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする