ブログ更新 Windows10アップグレード、最後の一台で思ったより苦労したの巻

20160730_071644-320x180win10インストール破損きれい

Windows10アップグレード、家にあるPC、最後の一台のアップグレードに、29日の20時から取りかかった。
夏休みの日記をギリになって書き始めた性格のままである。

多少の言い訳、いや理由はある。今日までにノートとメインのPCをアップグレードしてあった。特にメインのPCのアップグレードが割合とすんなり進んだので、こんなものかという気楽さもあったわけだ。たとえひとがそれを油断と言ったとしても。締め切りが29日中とはいえ、ハワイ時間の29日で、日本時間では30日の午後6時までアップデートができるという記事も見ていた。ハワイである。すでに気分はリゾートだ。ほぼほぼ一日あるし大丈夫だろうと取れかかった。世の中そんなに甘くない。結果として少し焦った。

なにせ、組み立ててからほっといてあったPCで、windows10どころかwindows8のクリーンインストールから始める。それは時間もかかるわ。

とにかく、windows10のアップグレードプログラムを、インストールし始めるところまでは行った。が、そこから進まない。
「インストールプログラムが破損した。エラーコードは0x8007000dだ」
この時点で、日付が変わる夜12時少し前。
そら、落ち着かない。

そのあと、何回かダウンロードとインストールを繰り返したがうまくいかない。その間、レジストリのチェックツールやら、それがどうもよろしくないツールだったらしく、それを慌ててアンインストールたりとか、記事を検索して、dism.exeでのチェックやらいろいろ試した。
最終的には朝方、ノートPCのアップグレード用に作ってあった、USBメモリからのインストールを試した。朝8時頃、それを試したらすんなりアップグレードされた(おい)。

アップグレードがなかなかうまくいかなかった理由は、わからない。ただ、windows8をインストールしてからの、更新パッチ。それの全部が適用されないうちに、windows10のアップグレードを始めてしまったのかもしれない。

最後に言いたいのは、29日の終わりが日本時間ではなく、ハワイ時間であってよかったということだ(そこかい)。
ハワイよ!どうもありがとう!(そこかい)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする