吉野朔実さんが……。

などと言っていたら、吉野朔実さんが、お亡くなりになったとのこと。

……驚きました……。

5歳の野原に
少年をひとり
おきざりにしてきた

代表作のひとつ、「少年は荒野をめざす」は、このモノローグからはじまり

今も夢に見る
あれは

世界の果てまで

走って行くはずだった真昼

と続きます。

……やられました。

自分が一番はじめに書いた台本。最初のモノローグには、この見開きの言葉の影が、風が、入っています。
「どこに入っとるんじゃ?」と言われそうですが、そんなものこっちも、飲み込んで、吐き出して、砕いて、粉々にして、祈って、おでこにこすりつけながら書いてますから、

ぱっと見て分かるようなとこではありません。んだけれどあります。

それから、これは、ワイド判コミックスで出た作品ですが、

「ラ・マスケーラ LA MASCHERA」

ベネチアを舞台にした作品なのですが。

untitled

untitled
完璧でした。ほんとうにほんとうにほんとうにほんとうに。完璧でした。
……つつしんでご冥福をお祈りします。いやまあ、そんなこと言ってる場合じゃないんですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする