「碑銘」 北方謙三

20151229_111956

このシリーズの二作目。一作目「さらば荒野」のときは、シリーズにすることは考えられていなかったと思う。この本があったから、ここから先が続いた、のかもしれない。また読み返した。
自分が持っているものは、古いカバーだ。シリーズの他の本は、揃いのカバーで持っている。この本については、この古いカバーを大事にしたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする