演劇公演「結びの庭」静岡市民文化会館大ホール(4月7日)

「結びの庭」宮藤官九郎、麻生久美子主演、岩松了演出。静岡市民文化会館大ホール!見てきました。

面白かった。けどなんか納得がいかない(笑)。
本当に面白かった。7500円というチケット代、高いと思いそのせいで見ることを決めるのが本当にギリギリになったりしたのですが(ご迷惑をおかけした皆様にお詫び申し上げますm(_ _)m)それでも見てよかったと思います。ですがなんか、着地点が納得がいかないというか(笑)どうせだったらもうちょっとだけ力技で納得させてくれというか、ええ、そういう感じでございますです。
が、ここまで書いて一晩して。
それはわたくしの考え方がよろしくないというかと思いまして。
以下、特に雑感でしかないのですが。
見せたいものが「殺人事件が終わった後で結婚した容疑者と弁護人の関係」ではなく「聡明で育ちも良いと思われた女性の中にどれくらいのアンバランスな感情が秘められているか」とか「平凡で第三者的だと思われた家政婦の中に不安定な部分がどれくらいあったのか」いや「奥さまと家政婦」という関係の中に実はどれぐらいの不安定さがあるのか。そういったものだったのかもしれない。うむうむうむ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする