今回、震災について印象に残った記事

3.11について書かれた、昨日から読める記事はやはり、考えさせられるものばかりでしたが、中でもこの記事は特別だと思いました。
震災から後、「日本人」というもの、「日本人」というくくりについてもいろいろといわれてきましたが、この被災された外国人の方への印旛ビュー記事は、そうではない考え方を示してくれました。
日本人というくくりを外し、わたしたちはみな、迷い、弱く、でも優しいものだと、普遍的なものだと見せてくれているように思え、なんだか腑に落ちました。
長い記事ですが、最後の部分でまた自分はドキリとしました。出来ましたら最後までお読みください。

「人は簡単に『忘れてはいけない』という。でもね……」外国人歴史家が体験した3.11

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする