ブログ更新「銀の匙」 荒川弘 7巻と8巻

Img_6258
 アニメ化、来年には実写映画化もされるということで話題のコミック。
 という枕詞もいらないでしょう。
 いい話です。7巻と8巻をまとめて読みました。
 7巻の最初でもそうですが、終わりでも、とてもとてもとても、とてもとてもとてもとても、辛いことが起きます。
 8巻で主人公は、辛いことをどうにかしようとしますが、どうにもなりません。どうにもならないまま、なしくずしに日常は進んでいきます。その中で主人公は少しだけ前向きになります。
 そこがいいのだ、と思ってしまいます。
 結局、どうにもならないことはどうにもならないのです。
 ですが、だからと言って下を向くと、向いたままだと、もっとどうにもならなくなる。
 あたしは、心の狭い男です。
 脳天気な人が語る希望に、イラッとすることもあります。
 けれどこの作品の中に転がっている小さな希望は、登場人物たちが作ってくれた希望は、大切に受け止めたいと思うのです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする