昨日、南村千里さんのダンスワークショップに行ってきました。

日曜日に、「日本人初のCandoco Dance Company(英国の障がい者・健常者によるプロダンスカンパニー)の正式メンバーとして活動した南村千里さん」のワークショップに行ってきました。体と心を開く方法を伝えていただいたような気がします。
類似のもの(おそらく、英国のパフォーマンス教育)は以前にも教わったことはあるのですが、自分など体も心もほっとくと狭くなる(笑)。久しぶりに開いた感覚を感じることが出来ました。南村さんも、伝える力が強い方でした。ありがとうございました。
ダンスのワークショップということで、まっさらな気持ちで(笑)受けさせてもらいました。
(演劇のワークショップだと、受けていても伝え方とかちょっと考えてしまうので……)内容としては、RADAのワークショップで教わったことと似ていたと思います。英国では普及しているやり方なのかもしれません。リズムの刻み方を教わったわけではありません(笑)。ステップも踏んでません(笑)。気持ちよかったです。
それと、このワークショップは市の文化財団さんが開いてくれた……のかな?こういう場を作って下さった皆さまに感謝します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする