「垂壁のかなたへ」 スティーヴ・ハウス

垂壁のかなたへ
垂壁のかなたへ スティーヴ ハウス 海津 正彦

白水社 2012-04-24
売り上げランキング : 20995

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 美しい本でした。
 登山の記録です。
 著者は「世界最強のアルパインクライマーの一人」ということ。しかしこの著書は、登頂の成功を語る本ではなく、どちらかといえば、失敗とためらいの描写の方が多いような気がします。一度読み終わってから、最初の方を少し読み返したら、前書きにその理由も書いてありました。本当に飾らない方です。
 「ためらい」などと書きましたが、けど実際には心理描写はそれほど出てきません。
 行動の描写、行動の描写、行動の描写(笑)。とにかく山に登って、降りての繰り返しです。ただ、たまに心情が出てくる、それに惹きつけられる(笑)。329ページの語りなど、やはり美しいと思います。この方とお友達になりたいなあ。
 本番が終わって、最初に読む本になったわけですが、この本にして良かったと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする