「プレイズメス1990」 海堂尊

ブレイズメス1990
ブレイズメス1990 海堂 尊

講談社 2010-07-16
売り上げランキング : 13281

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 著者の、別の本に収録されているエッセイに、この本について「どうせ尻切れトンボと言われるだろう」と書いてあったが確かにそういう読後感(笑)。
 ただ、この続きはあるのだろうと思っているので気にはならない。物語として一区切りはついてるし。
 それと、この物語には、フィクションの中の「正義」の取り扱いについて、ひとつ勉強させてもらったと思う。そんなこんなであたくしは満足です。
 けれど、それでも続きは気になるところ。本書の登場人物が別の形で登場しているという、「極北クレーマー」をつい買いそうになってしまった。文庫で上下分冊だったからやめたけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする