「月をめざした二人の科学者 アポロとスプートニクの軌跡」 的川泰宣

月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書)
月をめざした二人の科学者―アポロとスプートニクの軌跡 (中公新書) 的川 泰宣

中央公論新社 2000-12
売り上げランキング : 18957

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 副題のとおり、アポロ→フォン・ブラウン、スプートニク→コロリョフ、この二人の科学者を描いたノンフィクション。思ったより人間くさい内容で楽しめました。
 NHKの、コロリョフについての番組を見て、この本を図書館から借りてきました。的川さんの本は読むのは初めてです。
 コロリョフのことは何も知りませんでした。読んでよかった。
 フォン・ブラウンもコロリョフも、粘る粘る(笑)。そうでなかったら、莫大なお金を引っぱってきて、あんな巨大なものを作る、なんてことはできないわけですわな。
 それと。
 フォン・ブラウンはナチス・ドイツでV2ロケットを作ったあとアメリカでロケットを作ったわけですが、戦後、ナチス・ドイツでロケット兵器を作っていたことを、何度も批判されたそうです。アメリカで。そしてフォン・ブラウンは、その批判に対して丁寧に対応したとのこと。この本でも、冒頭で著者によるその種の疑問があり、フォン・ブラウンがそれに答えた言葉も載っています。
 永いこと、うっすらと疑問だったのです。ナチス・ドイツからアメリカへ、「簡単に鞍替えできたのかしらん?」と。フォン・ブラウンにとってもアメリカにとってもその他の人々にとっても、葛藤があったのだということが分かりました。納得しました(が、そういうことについての本ではないので、そんなに細かく書いてあるわけではないのですね。岡の理解は勘違いかもしれません。もう少し知りたいと思いました)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする