「予想どおりに不合理 増補版」 ダン・アリエリー

予想どおりに不合理[増補版]
予想どおりに不合理[増補版] ダン アリエリー Dan Ariely 熊谷 淳子

早川書房 2010-10-22
売り上げランキング : 1331

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 行動経済学の解説の記事など読んでいると必ず、必ず!名前が出てくる本の、増補版。
 タイトルのとおり、「人間は合理的に行動しているわけじゃあないんだよーん」ということが、実験例によりたくさん示される。
 たくさん示されるから、だから、人間が、単純に、「高い」とか「安い」とか「ソンする」とか「トクする」とか。それだけでものを、あるいは自分のとる行動を選ぶのではないのだなということは分かった。
 ただ、合理的な理由で選ぶのではないとしたら、どんな理由で選ぶのだろう?そのことは、この本に書いてあったのかもしれないが自分が一回読んだくらいではよく分からなかった。図書館から借りている間にもう一度読んでおかなければ。
 予想外だったのは、選択についての実験が、倫理的な事柄にも及んでいたこと。こうすれば、比較的、ラクに、「正しい(笑)」行動をとりやすくなる、のか?考え方として興味深かった。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする