「坂の上の雲」ドラマ

 いままで、ちゃんと見てたわけではないけど、今回は、他の番組で見た香川照之の形相に負けて、見た。
 香川照之、やっぱすごいべな。
 「坂の上の雲」なんでドラマ化せにゃならんのかいまだに分からないけど、この場面は見ることができてよかった。
 この場面を書いたのが、野沢尚さんなのかどうか分からないけど・・・。
 もしそうだとしたら、子規と真之の、最後の場面、は、野沢さんにも特別な思いがあったのではないか、あの場面のせりふは明治のそれではなかった、野沢さんのいた、現代のせりふだった。などと、思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする