「半島回収」 溝呂木省吾(ブログ更新

半島回収
半島回収 溝呂木 省吾

角川グループパブリッシング 2008-08-01
売り上げランキング : 374678

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 カバーに、かの将軍様が写っている。砲撃事件があった日に、本棚から掘り出して読んだ。時事ネタだ(笑)。すいませんミーハーなもんで。
 当然再読。フィクション。本当は読むつもりはなかった。紹介だけするつもりだった。けど読み出したら、つい最後まで読んでしまった。
 2008年の出版。フィクションだが、その年までの半島の情勢についてはテレビショーを見るよりも絶対によく分かる。
 ただし作者が作者だから多少不親切だ。そもそも作者名から不親切だ。この本、出版されたあたりに本屋で見かけた覚えがある。ただ、この作者名のせいで彼だとは気づかなかった。もちろん悪いのはこちらだ。調べてみれば明らかに筆名だと分かる名前だ。けど一応商業作家なんだから、もうちょっとだけ親切でもいいと思う。奥付の著者紹介を読んでいれば気がついたと思うのだが。事件とはまったく関係のない事柄だけど、悔しくて仕方がない。
 などという話を、半島のことより長々と語ってしまうということが、日本の平和の象徴なのかもしれない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする