「吉岡清三郎貸腕帳」犬飼六岐

吉岡清三郎貸腕帳 吉岡清三郎貸腕帳
犬飼 六岐

講談社 2007-07-31
売り上げランキング : 404161
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 最近、時代小説がはやってます。近くの書店に行ったら、時代物の文庫の、棚の面積が増えてました。まるまるひと棚、時代物でした。前に幻冬舎文庫が収められていた棚でした。明らかに面積が減ったのは、早川文庫と創元推理文庫です(涙)。
 著者は、わりと最近のひとのようです。文章は落ち着いた感じで、ライトノベル的なものは感じません。ただ新鮮なのは、あっさりと人が死ぬところ(笑)。最近の小説は「人が死ぬ」ことについて以前のものより気を使っているような気がするのですが、本書では主人公代わりとあっさり殺します(笑)。
 あっさりしている分、クールでよいといえばよいのですが、フィクションとして物足りないような気もする。著者はたぶん、力のある方なのだと思います。何かがちょっとだけ足りない、そんな感じです。本書には続編があるようで、アマゾンの書評によると、その足りない部分が埋まったような感じもあります。楽しみです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする