「つむじ風食堂の夜」 吉田篤弘

つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
つむじ風食堂の夜 (ちくま文庫)
筑摩書房 2005-11
売り上げランキング : 7700

おすすめ平均 star
starゆったりとした気持ちで
star思いもかけぬ 求心力とも磁力ともいうべき
star夢かうつつか、ほんわか読後感。これぞ「小説」。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 読み終わってから、感想を書こうと思って、思ったのだけど思ったときにはもう、タイトルが思い出せなくて、そのことに苦笑したんだけれど、けど、それはそれであるかと思った。そういう本なんだと思う。思い出せなかったタイトルも五分たてば思い出したし、この本を読んだということは、たぶん(笑)忘れることはないと思う。半年に一度とか、一年に一度とか、思い出すことになると思う。
 メインのストーリーではないんだけど、背の高い、舞台女優だという女性が登場します。劇団では女の二番手で、だからいつも主役ではなく、ライバル役が回ってくるんだそうです。彼女が、この本の主人公に、自分のための、自分のためだけのひとり芝居(?)のホンを書いてと頼みます。・・・そのホンは、出来上がったんでしょうか?できるだけ早く、書いてあげてほしいと思います。(稽古の都合もあるだろうし)
 と、ここまで書いて思い出したのですが、この小説、映画になるのですよね。
 主演は、八嶋智人・・・。
 イメージがだいぶ違う(笑)。
 でも、テレビで見たりする八嶋さんとは、違ったものになるんでしょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする