「その絵、いくら?」小山 登美夫

その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (セオリーBOOKS) その絵、いくら? 現代アートの相場がわかる (セオリーBOOKS)
小山 登美夫

講談社 2008-08-06
売り上げランキング : 11923
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 奈良美智さんは好きです。作品がというより、彼の風貌が好きです。恥ずかしながら、彼が登場した番組は良く録画します。ときどき見返したりもします。
 村上隆さんのことはよく分かりません。彼のアートがいいのか悪いのかは、ちょっと自分にはよく分からない。
 もっと分からないのは、彼らの作品が何であんなに高いのか、ということです。
 もちろん、安くていいと言っているわけではありません。ですがそれでも、一千万、二千万するというのは、不思議です。だからこの本を、読んでみました。
 結論から言えば、彼らの作品に高値が付く理由は、この本を読んでもよく分かりませんでした(笑)。
 けれども、著者のようなギャラリストが、相場や、投機目的の買い手から、アーティストを守ろうとしている、アートを育てようとしていることはよく分かりました。その点で、妙な話ですが、ホッとしました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする