「RUN!RUN!RUN」 桂 望実

RUN!RUN!RUN!
RUN!RUN!RUN! 桂 望実

おすすめ平均
starsもう一つの箱根駅伝物語。
starsいまひとつ
stars仲間の大切さ
starsねじれたシューズが内容を暗示している
stars陸上関係の話しが多いですね。

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 三浦しおんの「風が強く吹いている」。あの本を読んだときに、少し泣きまして。
 この本も、箱根駅伝がクライマックスの舞台となっています。けれども、この本は「風が~」とは全く違います。正反対と言っていいほど違う。
 けれどもこの本を読み終わったとき、やはり少し泣いていました。正確ではないと思うけど、「風が~」のときの涙はいい涙で、この本のそれはそうでもない涙だったような気もします。そうでもないなら、なんなのだということになると分かりにくいのです。ですが、分からない分、自分の本心に近い涙なのかもしれません。
 作者の着眼点は見事です。そして、その着眼点から物語を成立させた筆力も。(あ、ちょっと強引かな、という気もします(笑)。しかし強引にしないとこの話成り立たないんじゃと思います。その辺も含めて、筆力です(笑))

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする