「2001年宇宙の旅」アーサー・C・クラーク氏が死去(読売新聞) – goo ニュース

リンク: 「2001年宇宙の旅」アーサー・C・クラーク氏が死去(読売新聞) – goo ニュース.
亡くなってしまいました・・・。クラーク師匠。
クラークをテレビで紹介するときには必ずと言っていいほど映画「2001年~」の映像が流れる。映像ネタはそれしかないんだから仕方がないって言えば仕方がないが、映画「2001年~」はキューブリックのもので、クラークのものじゃないような気がする。いやだから、映画「2001年~」のテイストに近いのは、「幼年期の終わり」じゃないかな~と思うんだけど。そういえば、「幼年期の終わり」って、光文社の新訳文庫から出ていたような気がする。ドストエフスキーとかはともかく、あれは新訳にせんでもいいんじゃないか?それはそれで読んでみたいけど。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする