「情熱大陸」で

 こないだ著書を紹介した山口絵里子さんを取り上げていた。
 さすがである。
 流石である。流れる石と書いて流石(さすが)だ。なんでだろう。いやそんなことはどうでもいい。

 本が出版されたときから、また話は進んでいるようだ。山口さんは本の中では日本に住んでいるようだったが、テレビでは、現在はバングラデシュに常駐しているようだ。
 日本にいた方がラクだし安全なんではないかと、自分などはつい思ってしまう。しかしそれでも、前に進まずにはいられないんだろうなあ。うん。ここにこうやって、自分が、岡があーだらこーだらやっている間に、同じ期間に、前に進んでいる人が確実に世界にはひとりいるということだ。同じ時間を使って。
 テレビの中の山口さんは、笑顔か真顔かの、どちらかだった。疲れた顔とか困った顔とか、していたことはなかった。

  generated by feedpath Rabbit

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする