「裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) 」

本タイトル: 裸でも生きる――25歳女性起業家の号泣戦記 (講談社BIZ) (講談社BIZ)

画像(URL):

コメント:
 「裸でも生きる」・・・図書館の本棚でこのタイトルを見てドキッとしてしまった(笑)。副題は「25才女性起業家の号泣戦記」ここまでタイトルに入れといてもらわないと困る(笑)。
 社長といっても、ITとか、そういう方ではない。アジア最貧国?バングラデシュで作られる麻(ジュート)を使って高品質バッグを現地で生産、輸入販売する株式会社「マザーハウス」を設立・・・。本書は、その過程を綴った本である。
 ・・・ひとつの章のタイトルに、「フェアトレードはフェアじゃない」というのがあった。
 そー、世の中に「フェア」なものなんてそんなにないよねー、と思う。やっぱり弱いものは真っ先に喰われちゃうし、先に倒されちゃうし、ショッカーの戦闘員だって弱い奴から先に倒されちゃうわけだし。
 でも、弱いものが、けど弱いままでいたくねーって思ってる人たちが、ちゃんとした相手方と出会うことが出来ればフェアトレードは素晴らしい効果を生み出すと思う。この本の後半に登場する、高い意識を持ったバングラデシュのカバン工場の人たちのように。だから今度は、インドやスリランカやブラジルの、フェアトレードされる側の、そういった人たちからのレポートを読んでみたいと思う。
 著者の会社で作り上げたジュートのバックは、大げさに言えば新しい価値をつくり出した。やっぱりそれはすごいことなんだと思う。

評価: stars

評価者: OkaYasushi

評価日付: 2008-03-05

著者: 山口 絵理子

出版年月日: 2007-09-22

出版社: 講談社

ASIN: 4062820641

  generated by feedpath Rabbit

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. Hi there everyone, it's my first pay a visit at this web site, and piece of writing is actually fruitful designed for me, keep up posting these articles.