そうそう、原田泰造が

 前回の続き(笑)。
 いや、原田泰造という人は、不思議な役者さんだと思う。
 どれほどシリアスな、セリフをシリアスに喋ってたとしても、どこか、瞳の奥の最後の一ミリぐらいに、うさんくささがつきまとう(笑)。
 そのくせ、どれほどうさんくさい役柄を演じたとしても、どこかにリアリティがある。何を考えているのか分からない、という役をやらせたらこれほどはまる人もいないんじゃないかと思う。
 自分はこの人、けっこう好きです。
このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする