「ハゲタカ」ふたたび

「ハゲタカ」ふたたび
 今夜の再放送で、第3話になるはず。この3話が、一番面白かったような気がする。
 この後菅原文太が、日本的経営者の象徴的な役割で登場する。登場した後はさすがブンタスガワラ(なぜカタカナ読みだ)。すべてが、ブンタスガワラに収斂していく。そうすると、ブンタスガワラ(しつこいがなぜカタカナ読みだ)の日本的家父長的迫力によって、若干物語があいまいになる、気がする。
 ブンタスガワラの迫力によって、そうなる。もしかしたら作り手側の、少しばかりの思い込みも、あったのかもしれない。なんつて。
 ほとんどこの回にしか登場しない、矢島健一さんので出番がけっこうあった。今日も見れそうにないが仕方がない。確か前に録画した、はずだ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする