「海老蔵そして團十郎」 関容子

 うーん、おれはまだまだあがき方が足りないなあ(笑)、などと、読後思ってしまいました。
 市川家三代(先代の團十郎、今の團十郎、そして海老蔵)の、伝記というほどには肩肘の張っていない、でもエピソード集とか言ったら軽すぎる、そんな本です。歌舞伎という演劇の魅力を、多分自分はまだほとんど分かってないと思うんですが、この本の中に出てくるような人たちが、もがいてもがいてきたから、こんだけ長いこと輝いているんだろうなあと、思ったりしました。海老蔵くんが多少ムチャしたりしても、これはやっぱりしょうがないんじゃあないでしょうか(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする