「ねこのばば」 畠中恵

ねこのばば
ねこのばば 畠中 恵

おすすめ平均
starsほのぼの
stars前作、前前作ほどではないかも
stars取り返しの付かない過ち
stars時代モノでも犯罪は
stars貧乏神

Amazonで詳しく見る by G-Tools

 ”単行本では買わないけど文庫本になったら必ず買う”ことにしている「しゃばけ」シリーズ第3弾。好きなんです。好きなんですけど。単行本では、この続きも出てるんですけど。(笑)。やっぱり単行本は高いですよね~。そこまでは出さなくてもいいかという、自分の中では微妙な位置づけにあるシリーズです(笑)。好きなんですけど。
 時代物というとですね、「厳しげな男」、「苦しい生活」、「食うに食えない」、そういうイメージがどーんと出てくるんですけど、そこへ「金持ちの」「甘やかされてる」「病弱な」若旦那を主人公として持ってきたところが目新しく、わたくしたちのですね、「俺たちって甘やかされてるじゃん」感を刺激して受け入れられてるんだと思います。前にも書きましたがエヴァのシンジ君状態ですよね。のび太くん状態という話もありますが・・・。
 しかしですね(以下ネタバレ)


 特に2作目以降、短編になってからだと思うんですが、重い部分も、あります。「花かんざし」なんかは”世の中ちょっとくらい頑張ってもダメなときはダメなんだよ~ん”という話だし、「産土」なんかもちょっとやーな(笑)話ですよね。でもその重さを支えているのが、若旦那と妖怪たちの甘~い関係なんでしょう。やっぱりエンターティメントには甘さ、華やかさも大事なんだと思います。
 ところで、いま気がついたんですが、このシリーズって若旦那以外の登場人物のイメージが、自分には出てきません。いろいろな人間とか、妖怪とか(笑)、出ているはずなんですが、なんていうのか、若旦那以外は、ひとりひとりの顔とか姿とかは思い浮かばない。誰々が好き、とか誰かはそうでもない、とかそういうこともない。手代としてずーっと登場していて、それぞれが主役の短編もある二人、いや二妖怪、仁吉と佐助の区別がいまだにつかないんです。芝居の世界では、登場人物にたとえ主役でも「男1」とか「女1」とかいう名前しかついていないことがときどきあるんですが、このシリーズでも若旦那以外は「人間1」「妖怪2」「子供3」そんな感じでも、もしかしたらいけてしまうかもしれない。世界が若旦那と若旦那以外だけで構成されていて、つまりは全ては若旦那の内的世界なのではないかと(大笑)やっぱり若旦那=シンジ君?(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

三年目のワークショップ

 静岡県演劇協会主催のワークショップ。東京から講師をお招きするこのワークショップも、今年で三年目となります。午後からの半日のワークショップの前に、今回はこの間、自分が演出したサンシャイン・ボーイズをネタにした、演出の講座なんてのがあったんですが、それについてはまた、書けるときに。
 ですが、半日ワークショップやって、もしかして三年目ということで、少し慣れてしまっている部分もあるかもしれません。んだもんで終わってから、モスバーガーなど食べつつ復習したりして。といっても「目的・・・障害・・・あとなんだっけ?」とかそーゆーレベルですが(笑)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする