「トリック」新作スペシャルとやらを見た。

 昨日は、日曜洋画劇場の枠でやっていた”「トリック」新作スペシャル”を見て、そのまま寝てしまった。
 テレビシリーズ、映画、スペシャルを全部含めて、「トリック」をちゃんと見るのははじめてだ。はじめて見たせいか、いや何度見てもそうなのかもしれないが、面白かった。
 何せはじめて見るので月並みなことを言うが、これはパロディの面白さなんだなと思った。だから逆に、堤監督にとって、「愛なんていらねえよ、夏」やテレビ版「世界の中心で愛を叫ぶ」をつくったのは必然だったんだと思う。
 「素材に徹しきる」ことが出来るということが、仲間由紀恵の魅力をつくっているのかもしれない。だから、歌も歌うのか(笑)。恋の、ダウンロード~。かーん・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする