掘り返す

 我が家で本を探そうとするのは難しい。特に、我が家の中で一部屋を占めている「劇団午後の自転倉庫」の中を探そうとするときは、それは「探す」というよりは「掘り返す」という行為に近くなる。大変なことであると分かりきっているので、ふだんはやらない。ふだんはやらないのだが、衝動に駆られるときもある。というわけで、昨夜掘ってみた。埃にまみれてもみた。ひと箱ひっくり返してもみた。しかしそれでも見つからないところが、悲しい。
 ちなみにそうまでして探している本は、「銀英伝」だったりする。悪いか(笑)。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ひろぽん堂 より:

    謝礼付きで捜索願を請う。
    御宅の何処かにワタシの「サティ ピアノ演奏曲集」が埋まってしまった。
    発見者には「紀尾井」で一晩きっちり飲ます。
    ウザくてイヤだという人にはCDを一枚買ってあげます。
    誰か発掘してくれい。

  2. oka@_@ より:

    あ、あ、あれはね~、-、・・・。
    あれは、倉庫部屋に行ってないよぉ、うん。
    CDは基本的に手元にあるしぃ、うん。
    それにCDは、また別に掘り返さなければならなくなったしぃ。
    なんでまた掘り返さなければならなくなったかというと・・・
    これには
    聞くもナミダ、
    話すもナミダの訳がある。
    本当だ!
    以下次号。
    (だってえ、書いてるの職場だしぃ、昼休み終わっちゃったしぃ・・・)
    あ、書くの忘れてた。捜します(笑)。

  3. ひろぽん堂 より:

    理由を当ててみよう。
    iTunesのデータ保存先を外付けハードディスクにしていたが、バックアップを取らないままデータが飛んだ。
    違うかな?

  4. 優希 より:

    漫画喫茶デートが実現

    ヒマだったし言ってみたケバめの化粧の方が似合うって言ってくれたから気合入れてメイクしてみた・・・・

  5. oka@_@ より:

    65点(笑)

  6. キテぃ より:

    男性恐怖症

    なんかえっちが苦痛になってきた・・・最近挿れられるのもあんま気持ち良くない