紅はこべ バロネス・オルツィ

紅はこべ 紅はこべ
バロネス・オルツィ 西村 孝次

東京創元社 1970-05
売り上げランキング : 69,769
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools

しつこいようだが野田秀樹の芝居とは関係ない「ゼンダ城の虜」」にひきつづき、
”古典的ロマン小説をもう一度読み返そう”シリーズ、というか
”ガキの頃図書室やらなんやらで読んで面白かった本をもう一度読み返そう”シリーズ第二弾。
紅はこべ。
・・・「ゼンダ城の虜」は、本当に面白かったんだが(^^;)。
・・・さすがにちょっと・・・古い?(^^;)
だけんどもヒーローの洒落モノぶりは、舞踏会に登場するシーンなんだけど、
「・・・流行の最先端の型に仕立てた、光沢のある豪華なクリーム色の繻子をまとい、美しい金髪には髪粉をかけず、首と手首にきわめて高価なレースをつけ、札帽を小脇に抱えていた・・・」
女じゃないっすよ、男ですよこれ。
この辺の突き抜け方が、100年前!(1905年刊だそうです)に書かれたこの小説を、生き残らせたんではないかと思います。
それとヒーローが自分の内的な理由から間抜けものの振りをして、だからヒロインは最初ヒーローのことをバカにしていたんだけど、でも実はいい男だということが分かって、最後はベタベタで終わるという、この辺も現代的ではないかと思います。あの、すごいベタベタです。
それと、あとがきによると、作者のバロネス・オルツィは「第二次大戦中、五年間、モンテ・カルロにおけるナチスの国家秘密警察本部の隣に住んでいた」んだそうな。ちょっと惹かれますね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. マコ より:

    コエンザイムQ10

    マコまだ若いんですけど・・・買ってしまった・・・Q10クリーム&Q10カプセル・・・・

  2. かえで より:

    若いヒトは結局オンナノコなら誰デモイイッテ事なんだね、、、

    ナノニ年上のヒトからは何も言われないヨウ、、、なんか淋しいブ。。。

  3. minecraft games より:

    Thank you a lot for sharing this with all folks you really know what you are speaking approximately! Bookmarked. Kindly also consult with my site =). We can have a hyperlink alternate contract between us

  4. Whoa! This blog looks exactly like my old one! It's on a totally different subject but it has pretty much the same page layout and design. Great choice of colors!

  5. Nutrition Bars より:

    Hi there, just became aware of your blog through Google, and found that it is truly informative. I am gonna watch out for brussels. I will be grateful if you continue this in future. Lots of people will be benefited from your writing. Cheers!

  6. I do not know whether it's just me or if perhaps everybody else experiencing issues with your website. It appears like some of the written text on your content are running off the screen. Can somebody else please comment and let me know if this is happening to them as well? This could be a problem with my web browser because I've had this happen previously. Kudos

  7. Fastidious replies in return of this difficulty with real arguments and describing the whole thing on the topic of that.