モーターサイクル・ダイアリーズについての補足。

いや、難しい話ではないです(笑)。特に中盤までは、アホ二人の南米貧乏旅行記と言っていいでしょう。
だからこそ、共感できる、のかな。
我らが懐かしの(笑)、サールナートホール三階で、一月二十一日までやってるそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする