2004-04-17

未分類

「愛してる」 鷺沢萠(角川文庫)

 芝居を再開する前だったか、後だったか、それともその境目のことだったか、この本が、自分の鞄の中にずっと入っていたことがあります。  何度か、何度となく、読み返して、そのまま、持ち歩いて。ただ、鞄から取り出すのが面倒なだけだったのかも知れない...